【エロVRでオナニーが目的』オススメVRゴーグルと、VRゴーグルの種類

Web 関連の仕事をしている僕でさえ、 VR でオナニーをしようとしたとき、 VRゴーグル(=VRヘッドセット)とかアダルト VR 、種類がありすぎてどれが良いのかがわかりませんでした。

このページでは、アルト VR でオナニーをする時に必要な VRゴーグル(=VRヘッドセット)について説明をしていきたいと思います。

VR でリアリティのあるゲームをしたいとか、リアリティーのある映画を観たいとか思っている方もいると思います。

しかし、当サイトでは VR でオナニーをすることがメインになっていますので、そのような方は参考になりませんので悪しからず。

VR動画でオナニーをしたい!という男性向けの情報です。

VR で没頭や臨場感を味わいたい男性の方に向けた VRゴーグル(=VRヘッドセット)の選び方と思ってください。

VRオナニーの基本と連動する電動オナホール

【VRオナニーの基本:Part1】月額で観れるVRエロ動画提供サイト

FANZA-VRch【月額】2,800円 【連動機能】無し 【お試し】無し 【作品】6,624作品(毎月約160本以上更新)
アダルトフェスタVR【月額】2,980円 【連動機能】アリ*説明 【お試し】無し 【作品】作品6,000作品
PICMO-VR【月額】1,800円 【連動機能】無し 【お試し】14日間 【作品】1,000作品(一般動画含む)
【無修正】3D-EROS.NET【月額】3,600円 【連動機能】無し 【お試し】無し 【作品】15作品(1週間に5本が入れ替わり)
連動VR動画対応本数
    • 【アダルトフェスタVRの連動動画本数】 ロケットプラス対応:約1,900本、A10ピストン対応:約1,982本、A10サイクロン対応:2,192本、U.F.OSA(乳首用)対応:34本

【VRオナニーの基本:Part2】VRアダルトを観る為のVRゴーグル

VRゴーグルの種類は大きく4つに分類「iPhone、スマホ」「パソコン」「PS4などのゲーム機」「スタンドアロン型」で、オナニーに特化する場合「iPhoneやスマホ」「スタンドアロン型」の2択で良いです。

スマホで観るゴーグル1,000円~。仕組みが同じなので安かろう悪かろうは無い。僕はコレです。
パソコンで観るゴーグル高い。思い。設置が面倒。オナニー向けではない。
ゲーム機で観るゴーグル高い(4万円~)。ゲーム機依存なのでオナニー主体で考えると微妙。
スタンドアロン型ゴーグルスマホより一歩上の画像を求めるなら。僕はコレです。 14000円~

【VRオナニーの基本:Part3】連動する電動オナホール

連動するVR動画は、2021年2月現在ではアダルトフェスタVRのみです。

ロケットプラス1D【金額】6,800円  【ホール(別売り)】ホールは無し
A10ピストン【金額】39,800円  【ホール(別売り)】ホール2,500円~(14種類*一番人気はコチラ
A10サイクロンSAプラス【金額】19,800円 (購入時ホール1個付き) 【ホール(別売り)】ホール2,500円~(16種類*一番人気はコチラ
U.F.OSA(乳首用)【金額】19,800円

VRゴーグル(=VRヘッドセット)の種類と選び方

VRゴーグル(=VRヘッドセット)は沢山種類があります。

どれを選んで良いのかわからない…ググってみても、オナニーに特化したような選び方を解説してくれている人がいない。

100,000円単位の VRゴーグル(=VRヘッドセット)ススメていたりとか、オナニーには敷居が高すぎる。

オナニーに100,000円をかけるのであれば、ペニス増大サプリメントやセックステクニックの教材にお金を払う、出会い系サイトのポイントを使う方が生産性はあります。

そこで、 VR アダルト動画でオナニーんをするために VRゴーグル(=VRヘッドセット)を探している方に向けての情報を提供したいと思います。

VRゴーグル(=VRヘッドセット)の種類について

まず、電動オナホールを使ってアダルト VR でオナニーをするためには、 VRゴーグル(=VRヘッドセット)は必須です。VRゴーグル(=VRヘッドセット)の種類は4種類です

VRゴーグル(=VRヘッドセット)の種類
  1. iPhone やスマホで見る VR
  2. パソコンで見る VR
  3. PS 4などのゲーム機を使う VR
  4. スタンドアロン型と呼ばれる外部機器を必要としない VR

外部機器とは、分かりやすく言えばアプリのことです。例えば、アダルトフェスタVR であれば「Dimension Player」とか、 DMM(FANZA)見放題chライトだったら専用のアプリみたいな感じです。

アダルト VR で臨場感、没頭感のあるオナニーをしたいのであれば、 iPhone やスマホで使う VRゴーグル(=VRヘッドセット)、もしくはスタンドアロンの VRゴーグル(=VRヘッドセット)です。

気軽さ、金額的な部分で言えば、 iPhone やスマホで使う VRゴーグル(=VRヘッドセット)で間違いありません。

スタンドアロンの VRゴーグル(=VRヘッドセット)で有名なものとしては、 Oculus Quest 、 Oculus Quest 2、Oculus Goなどがありますが、僕は『Oculus GO(オキュラスゴー)』を使っています。

スタンドアロン型の VRゴーグル(=VRヘッドセット)の金額順に言えば、

となっています。
『Oculus Quest2』はスタンドアロン型の VRゴーグル(=VRヘッドセット)では一番知名度が高いですし、最新型ですが、金額も高く、 Facebook アカウントと紐づけが謎すぎるのでオススメしません。

追記*2021年2月現在、全ての以前のOculus商品もFacebookアカウントの紐付けが必須になりました。Oculusアカウントのみでの登録は新規では出来ず、今後OculusアカウントもFacebookアカウントと統合されます。

 

映画や画質の良いゲームをする方以外は、『Oculus Quest2』はオススメできません。

Facebook アカウントの凍結理由は、英語のサポートですので理解ができず、 Facebook 側も、 Oculus 側も明確な凍結の境界線を公開していません

特に僕たちは、アダルト動画を閲覧するため、規約違反になる可能性が高いと考えてよいでしょう。

そのような状況下で、50,000円近くのお金を出し、挙句の果てには Facebook のアカウントが凍結される…これは避けたいところです。

実際にAmazonレビューでアカウント凍結されている人たちが沢山投稿しています。

>>オキュラスクエスト2のAmazonのレビュー

タッちゃん@600人斬り
しかも2020年の年末のレビューというところも注目です!

ハッキリ言って、 iPhone やスマホで VRゴーグル(=VRヘッドセット)でオナニーをするだけでも別世界になりますので、予算がない方はスタンドアロン型を無理して購入する必要はないかなと思います。

PS 4とかで特定のゲームをするとかじゃなく、単純に気持ち良いオナニーを VR アダルトでしたい場合、 PS 4VRゴーグル(=VRヘッドセット)は高すぎます。

ですので、オナニーをしたいで考えるのであれば、 iPhone やスマホで使える数制限の VRゴーグル(=VRヘッドセット)、もしくは、20,000円以下で買える『Oculus GO(オキュラスゴー)』の2つで良いと思います。

まずは VR アダルト動画のオナニーがどのようなモノか?を体験するのであれば、臨場感と没頭感を体験するために電動オナホールがオススメです。

VR アダルト動画を観る方法としては、 iPhone やスマホの VRゴーグル(=VRヘッドセット)の数千円程度のものを購入し、それでよければ『Oculus GO(オキュラスゴー)』を購入すると良いかなと思います。

僕自身も、1番初めは iPhone の VRゴーグル(=VRヘッドセット)で体験をして、想像以上に気持ちよかったので『Oculus GO(オキュラスゴー)』を購入した感じです。

没頭感は画質だけに依存しているわけではありませんので。

VRオナニーで没頭する秘訣
  • 映像よりも大事なのは「ペニス」の刺激の仕方で、没頭するのであれば主体性のあるオナニーではダメ(思い通りにいかないのが良い)
  • 主体性の無いオナニーありきのVR。映像の良し悪し、モザイクはたしかに重要度が高いが、オナニーを普通にしてたら、いくら道具を揃えても没頭率は下がる
  • 主体性の無さ、イキたくてもいけない、刺激が希望通りじゃない。。コレこそが没頭する秘訣
  • 手動のオナニーではなく、電動オナホが没頭(没入)しやすい。
  • VR動画と連動して「もどかしさ」があると、なお没頭(没入)しやすい。
  • 2021年2月現在、電動オナホールと連動する VR アダルト動画は「アダルトフェスタVR 」のみ。

没頭感を高めるには、映像の質よりも大事なことは「脳に錯覚させること」です。

脳の錯覚の具体例
  • 夢精で実際にリアルな女性とセックスをしているような感じ
  • 幻肢痛・・四肢を切断した患者のあるはずもない手や足が痛みだす。足を切断したにもかかわらず、爪先に痛みを感じる。あるはずのない手の先端があるように感じる
  • キリスト教の熱心な信者が、手のひらにゴルゴダの十字架に釘でキリストが貼り付けされた箇所に出来る「聖痕」と呼ばれる傷
  • エヴァンゲリオンの碇シンジの声優の人が、碇シンジが燃え盛るところに突っ込んでいったシーンを録音をした次の日、喉が痛いので病院に行ったら火傷をしていた
  • 大竹しのぶさんが白血病の役の演技のとき、咳をしたらタンに血がまじっていた(役が終わったら異常なし)
  • ゲイの男性が、想像妊娠をしていた

実際にVRで没頭すると、耳に息を吹きかけられてゾクゾクするし、「イキたいの?」「気持ちいいの?」と聞かれると「うん!」と声を出して言ってしまいますww

『Oculus Quest2』自体は何よりも高いです。

Oculus Quest と『Oculus GO(オキュラスゴー)』は、細かい部分で言えば画質の違いはあると思いますが、金額の部分で選択肢として考えていません。

スタンドアロン型のメリット

とは言え、スタンドアロン型のVRゴーグル(=VRヘッドセット)は非常に使い勝手がよく、購入したら購入したで、僕は『Oculus GO(オキュラスゴー)』1択でオナニーをしています。

スタンドアロン型のVRゴーグル(=VRヘッドセット)の特徴としては、

スタンドアロン型メリット
  • スタンドアロン型VRゴーグル(=VRヘッドセット)+Wi-Fi環境でどこでもオナニーができる
  • アダルトVR以外の無修正アダルト会員動画等もスタンドアロン型のOculusブラウザから閲覧することができる
  • Hey動画見放題プランやVR以外のアダルト動画を閲覧が可能
  • YouTube等も観ることができる
  • Amazonプライムビデオなども観ることができる

この様なメリットがありました。

オナニーをするためだけ、VRアダルト動画を観るためだけにスタンドアロン型を購入したんですが、結果的に様々な恩恵があって満足しています。

とは言え、スタンドアロン型に50,000円以上を使うつもりもなく、『Oculus GO(オキュラスゴー)』あたりで満足はしています。

今後、VRなどに興味を持ったらOculus Quest 2などの購入も考えるかもしれませんが、VRアダルトでオナニーをしたい男性の方は、スタンドアロン型もおすすめはしますが、余りにも高いものは最初はいいかなと考えています。

何度も言いますが、没頭(没入)感は映像の善し悪しだけではありません。

iPhone やスマホで使える VRゴーグル(=VRヘッドセット)はどれも違いはない

色々と調べましたが、 iPhone やスマホで使うための VRゴーグル(=VRヘッドセット)は、メーカーが違っても、結局機能的にはほぼ変わらないと言っても良いです。

レビューの高いものを購入しました。

音質や画質を求めて、スマホや iPhone 用の VRゴーグル(=VRヘッドセット)を複数購入するのは、ハッキリ言ってお金の無駄だと思います。

2つでOK

で良いかなと思います。

iPhone やスマホ用の VRゴーグル(=VRヘッドセット)、拡大するだけのものと考えると良い

高いスマホ用の VRゴーグル(=VRヘッドセット)の場合、5,000円近くするものもありますが、基本的にはスマホ用の VRゴーグル(=VRヘッドセット)の仕組み自体は同じですので、そこはお金の無駄かな…と思います。

『Oculus GO(オキュラスゴー)』と明確な画質の違いはありますが、スマホ用の VRゴーグル(=VRヘッドセット)でも臨場感や没頭感は味わうことが出来ます。

人間の錯覚を作るのは、3D の画質も重要ですが、それよりも「主観的ではないオナニー」です。

VRオナニーで没頭する秘訣
  • 映像よりも大事なのは「ペニス」の刺激の仕方で、没頭するのであれば主体性のあるオナニーではダメ(思い通りにいかないのが良い)
  • 主体性の無いオナニーありきのVR。映像の良し悪し、モザイクはたしかに重要度が高いが、オナニーを普通にしてたら、いくら道具を揃えても没頭率は下がる
  • 主体性の無さ、イキたくてもいけない、刺激が希望通りじゃない。。コレこそが没頭する秘訣
  • 手動のオナニーではなく、電動オナホが没頭(没入)しやすい。
  • VR動画と連動して「もどかしさ」があると、なお没頭(没入)しやすい。
  • 2021年2月現在、電動オナホールと連動する VR アダルト動画は「アダルトフェスタVR 」のみ。

没頭感を高めるには、映像の質よりも大事なことは「脳に錯覚させること」です。

脳の錯覚の具体例
  • 夢精で実際にリアルな女性とセックスをしているような感じ
  • 幻肢痛・・四肢を切断した患者のあるはずもない手や足が痛みだす。足を切断したにもかかわらず、爪先に痛みを感じる。あるはずのない手の先端があるように感じる
  • キリスト教の熱心な信者が、手のひらにゴルゴダの十字架に釘でキリストが貼り付けされた箇所に出来る「聖痕」と呼ばれる傷
  • エヴァンゲリオンの碇シンジの声優の人が、碇シンジが燃え盛るところに突っ込んでいったシーンを録音をした次の日、喉が痛いので病院に行ったら火傷をしていた
  • 大竹しのぶさんが白血病の役の演技のとき、咳をしたらタンに血がまじっていた(役が終わったら異常なし)
  • ゲイの男性が、想像妊娠をしていた

実際にVRで没頭すると、耳に息を吹きかけられてゾクゾクするし、「イキたいの?」「気持ちいいの?」と聞かれると「うん!」と声を出して言ってしまいますww

ですので、特別な映画や、特別なゲームをするわけではないので、 VRゴーグル(=VRヘッドセット)にお金をかけるよりも、連動オナホールとか電動オナホールの方が重要になってくると思います。

まず、 iPhone やスマホで VR ゴーグルのオナニーをしてみて、もう少しこだわりたいと思うのであれば、スタンドアロン型を購入すれば良いかなと思います。

また、僕自身も一番最初は全く意識もしていませんでしたが、実は VRゴーグル(=VRヘッドセット)のレンズの善し悪しというよりも、スマホや iPhone のスペックが重要だということ。

チェック項目
  • スマホの画面のカバーを綺麗なモノにする
  • スマホの画面を VR アダルト観る時には綺麗にふいておく
  • VRゴーグル(=VRヘッドセット)のレンズが汚れていないかを確認する

実は、この3つをしっかりするだけでも画質は向上します。

iPhone やスマホの VRゴーグル(=VRヘッドセット)は様々な種類が出ていますが、基本的な構造は同じですので、そこにお金をかけたり、安いのが駄目だったから高いのを買ってみようみたいな感じでと思うのは間違いかなと思います。

iPhone やスマホの VRゴーグル(=VRヘッドセット)に関して言えば、安かろう悪かろうがあてはまりません。

アマゾンで売れている VRゴーグル(=VRヘッドセット)の選択で良いと思います。

スタンドアロンで考えるのであれば、『Oculus GO(オキュラスゴー)』

気軽にこんなにをするという意味でオナニーをするという部分で、iPhoneやスマホで使えるVRゴーグル(=VRヘッドセット)がやはり入門編としては良いと思います。

そして、VRアダルト動画を見てオナニーをすることの気持ちよさを知れば、次はスタンドアロン型を購入するみたいな感覚で良いと思います。

さすがにオナニーの為に100,000円以上のVRゴーグル(=VRヘッドセット)を購入するほど財力はありませんww

本当であれば、『Oculus GO(オキュラスゴー)』すらも必要がなかったけど、買ったら買ったでよかったなと思います。

とか言いながら、最近はもっぱら『Oculus GO(オキュラスゴー)』を使っていますがww

このくらいの金額であれば、満足度的には非常に高いのではないかな?と思います。

個人的にはVRゴーグル(=VRヘッドセット)にオナニーの為に5万~出すのは愚かな事かなと思います。

別ページにも書きましたが、オナニーの為にお金を使うことは消費であり、投資ではありません。

例えば、女性を喜ばすためのバイブレーターは、セフレを作るために投資になります。こう考えたときに、100,000円もオナニーの為に使うくらいであれば、出会い系サイトのポイントを購入したりとか、自分磨きの為の何かを購入して投資するみたいな考えが良いでしょう。

>>ウィバイブ Special Edition Rechargeable

ウィーバイブ(We-Vibe)は10,000円近くしますけれども、このバイブでセックスの虜にすることは可能です。

ウィバイブ Special Edition Rechargeable
ウィバイブ Special Edition Rechargeable

1番初めは、スタンドアロン型は購入せずに、iPhoneやスマホのVRゴーグル(=VRヘッドセット)でVRのアダルト動画がどんなものなのか?を確かめてみると良いかなと思います。

何度も言いますが、没頭(没入)感は電動オナホールの恩恵が非常に高いです。

VRゴーグル(=VRヘッドセット)にお金をかけるのであれば、奮発して電動オナホールを購入することをオススメします。

とは言え、オナホールもA10サイクロンSAプラスでもかなり高かったので、A10ピストンを購入するつもりは今のところありません。

A10サイクロンSAプラスで十分満足しています。

【VRオナニ】VR動画と連動する電動オナホール

連動するVR動画は、2021年2月現在ではアダルトフェスタVRのみです。

ロケットプラス1D【金額】6,800円  【ホール(別売り)】ホールは無し
A10ピストン【金額】39,800円  【ホール(別売り)】ホール2,500円~(14種類*一番人気はコチラ
A10サイクロンSAプラス【金額】19,800円 (購入時ホール1個付き) 【ホール(別売り)】ホール2,500円~(16種類*一番人気はコチラ
U.F.OSA(乳首用)【金額】19,800円

ゴーグルのまとめ

いかがでしたか?VRゴーグル(=VRヘッドセット)といっても様々なものがあります。

しかもスタンドアロン型は100,000円以上の高額のものが多いです。

iPhoneやスマホのVRゴーグル(=VRヘッドセット)も根本的なことを理解していなければ高いものを購入したりします。

VRアダルトの没頭(没入)感は、VRゴーグル(=VRヘッドセット)に依存しているものではなく、脳の錯覚を助長するには自主的にオナニーをしない方が良いです。

もちろんVRアダルト動画を使ってオナニーをするためには、最低限の出費は考えておかなければいけません。

でも、たかだかオナニーに数十万円を払うのはどうかなと個人的には思います。

オナニーはあくまでも消費ですので、投資となるようなお金の使い方をできる方が大事だと思っています。

VRオナニーで没頭する秘訣
  • 映像よりも大事なのは「ペニス」の刺激の仕方で、没頭するのであれば主体性のあるオナニーではダメ(思い通りにいかないのが良い)
  • 主体性の無いオナニーありきのVR。映像の良し悪し、モザイクはたしかに重要度が高いが、オナニーを普通にしてたら、いくら道具を揃えても没頭率は下がる
  • 主体性の無さ、イキたくてもいけない、刺激が希望通りじゃない。。コレこそが没頭する秘訣
  • 手動のオナニーではなく、電動オナホが没頭(没入)しやすい。
  • VR動画と連動して「もどかしさ」があると、なお没頭(没入)しやすい。
  • 2021年2月現在、電動オナホールと連動する VR アダルト動画は「アダルトフェスタVR 」のみ。

没頭感を高めるには、映像の質よりも大事なことは「脳に錯覚させること」です。

脳の錯覚の具体例
  • 夢精で実際にリアルな女性とセックスをしているような感じ
  • 幻肢痛・・四肢を切断した患者のあるはずもない手や足が痛みだす。足を切断したにもかかわらず、爪先に痛みを感じる。あるはずのない手の先端があるように感じる
  • キリスト教の熱心な信者が、手のひらにゴルゴダの十字架に釘でキリストが貼り付けされた箇所に出来る「聖痕」と呼ばれる傷
  • エヴァンゲリオンの碇シンジの声優の人が、碇シンジが燃え盛るところに突っ込んでいったシーンを録音をした次の日、喉が痛いので病院に行ったら火傷をしていた
  • 大竹しのぶさんが白血病の役の演技のとき、咳をしたらタンに血がまじっていた(役が終わったら異常なし)
  • ゲイの男性が、想像妊娠をしていた

実際にVRで没頭すると、耳に息を吹きかけられてゾクゾクするし、「イキたいの?」「気持ちいいの?」と聞かれると「うん!」と声を出して言ってしまいますww

VRオナニーの基本と連動する電動オナホール

【VRオナニーの基本:Part1】月額で観れるVRエロ動画提供サイト

FANZA-VRch【月額】2,800円 【連動機能】無し 【お試し】無し 【作品】6,624作品(毎月約160本以上更新)
アダルトフェスタVR【月額】2,980円 【連動機能】アリ*説明 【お試し】無し 【作品】作品6,000作品
PICMO-VR【月額】1,800円 【連動機能】無し 【お試し】14日間 【作品】1,000作品(一般動画含む)
【無修正】3D-EROS.NET【月額】3,600円 【連動機能】無し 【お試し】無し 【作品】15作品(1週間に5本が入れ替わり)
連動VR動画対応本数
    • 【アダルトフェスタVRの連動動画本数】 ロケットプラス対応:約1,900本、A10ピストン対応:約1,982本、A10サイクロン対応:2,192本、U.F.OSA(乳首用)対応:34本

【VRオナニーの基本:Part2】VRアダルトを観る為のVRゴーグル

VRゴーグルの種類は大きく4つに分類「iPhone、スマホ」「パソコン」「PS4などのゲーム機」「スタンドアロン型」で、オナニーに特化する場合「iPhoneやスマホ」「スタンドアロン型」の2択で良いです。

スマホで観るゴーグル1,000円~。仕組みが同じなので安かろう悪かろうは無い。僕はコレです。
パソコンで観るゴーグル高い。思い。設置が面倒。オナニー向けではない。
ゲーム機で観るゴーグル高い(4万円~)。ゲーム機依存なのでオナニー主体で考えると微妙。
スタンドアロン型ゴーグルスマホより一歩上の画像を求めるなら。僕はコレです。 14000円~

【VRオナニーの基本:Part3】連動する電動オナホール

連動するVR動画は、2021年2月現在ではアダルトフェスタVRのみです。

ロケットプラス1D【金額】6,800円  【ホール(別売り)】ホールは無し
A10ピストン【金額】39,800円  【ホール(別売り)】ホール2,500円~(14種類*一番人気はコチラ
A10サイクロンSAプラス【金額】19,800円 (購入時ホール1個付き) 【ホール(別売り)】ホール2,500円~(16種類*一番人気はコチラ
U.F.OSA(乳首用)【金額】19,800円

 

 

おすすめの記事